「どのように感じ、どのように考えるかは、その人の自由」

これは誰もが知っている常識です。でも、これを受け入れて生きるのは難しいことです。私自身も余裕がない時はできなくなります。診察時に、良くなってほしくてアドバイスもしますが、それを疎ましいと感じる人もいらっしゃいます。徒労感でやるせなくなります。

周りの誤解を解こうとして、疲れ果てて調子を崩す人もいます。相手が変われば良いと思って、ひたすら相手に文句ばかりいう人もいます。自分の辛さを相手に気づいてもらいたいと思って、自分や相手を傷つける人だっています。

最近の脳科学によると、「人間の脳は見たくないものや聞きたくないものは、そもそも認識さえしない」そうです。先入観が大きいので、議論してもムダなことも多いというわけです。念のために言っておきますが、薬で性格や考え方を変えることはできません。

これらのことをわきまえた上で、どのような人づきあいをするか? 情報が氾濫している世の中です。巧妙な情報操作もありますが、何を信じるかによって、向かう方向は大きく変わってきます。こんなことを考え続けるのも、私の自由ということになりますが(笑)、自由には、あとから結果という責任をがついてきます(汗)。